link to ENGLISH

What's NEW アーカイブ

2021

2021年4月21日
AMSR2研究プロダクト(高解像度海氷密接度)の提供を開始しました。AMSR2研究プロダクトは、GCOM-W研究プロダクト提供サービスより、提供をおこなっています。
2021年3月18日
(復旧)AMSR2 海面水温(SST)L3標準プロダクトの提供停止について
新規提供を中断しておりましたAMSR2 海面水温(SST)L3標準プロダクトは、3月16日06時(UTC)以降、新規提供を再開いたしました。
2020年10月14日から2021年3月15日までの観測期間については、順次提供いたします。
ユーザの皆様にご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

2020

2020年10月28日
AMSR2 海面水温(SST)L3標準プロダクトの提供停止について
2020年10月14日観測分以降の海面水温(SST)L3標準プロダクトの提供を中断しております。
提供が再開され次第、ご報告いたします。
海面水温L3プロダクトをご利用の皆様には、ご不便をお掛けして申し訳ございません。
2020年10月12日
以下のAMSR2プロダクトについて、令和2年10月13日より、新バージョン(Ver4.0)をリリースいたします。
海面水温(SST)、10GHz海面水温(10GHz SST)、
3周波海面水温(Multi-band SST)、海上風速(SSW)
詳細は -> こちらから
2020年9月23日
・プレスリリース「北極海の海氷面積が9月13日に年間最小値を記録~衛星観測史上2番目の小ささ~」を掲載しました。

・地球が見える「衛星から台風通過時の海面水温低下を測る」を掲載しました。
2020年8月11日
九州に大雨をもたらした梅雨前線に伴う降水の時間変化や水蒸気量の観測」と「令和2年7月豪雨に関連する衛星観測」を掲載しました。
2020年6月30日
AMSR Viewerを開設しました。
AMSR地球環境ビューア(AMSR Viewer)では、JAXAの高性能マイクロ波放射計AMSRシリーズ(Aqua/AMSR-E, GCOM-W/AMSR2)のデータを表示するシステムです。
2002年6月以降の観測データ(輝度温度)と物理量データを画像化して公開しています。
2020年4月13日
メールサーバー復旧について
お問い合わせメールについて通常通り受領できるようになりました。ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけしましたことお詫びいたします。
2020年4月13日
メールサーバートラブルについて
メールサーバでの障害発生により、xx@ml.jaxa.jp宛の問い合わせメールが届いていない可能性があります。
現在復旧作業を行っています。ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちください。

2019

2019年11月7日
12/20開催、GCOM衛星利用シンポジウムの参加申し込みを開始しました。
2019年9月27日
北極海の海氷面積が9月17日に年間最小値を記録
?薄氷化が進行?
2019年3月20日
AMSR2プロダクトの提供遅延について
2019年3月19日の9時(UT)より定常処理・提供を再開いたしました。
現在未提供となっているプロダクトについては、3月末までにリカバリ致します。
ご不便をお掛けしており申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

<3月19日掲載内容>
2019年3月18日12時(UT)よりAMSR2プロダクトの提供に遅延が生じております。
復旧に向けた対応を継続中であり、提供再開時に連絡させていただきます。
2019年3月07日
設備メンテナンスのお知らせ
設備メンテナンスのため、AMSR2研究プロダクトの新規作成を2019年3月14日11:30-14:00(JST)の間、停止致します。
2019年1月31日
AMSR2研究プロダクト(陸上積算水蒸気量、薄氷域検出)の提供を開始しました。AMSR2研究プロダクトは、GCOM-W研究プロダクト提供サービスより、提供をおこなっています。
2019年1月18日
AMSR2全天候海上風速研究プロダクトの一部再処理について
AMSR2全天候海上風速(ASW)研究プロダクト(V301)欠損値不具合のため、影響がある一部のL2/L3ファイル(2012年7月~2018年12月の期間のL2の10ファイルおよびこれらのL2を利用したL3ファイル)を再処理し、正常ファイルに置換えました。
該当ファイルはリストの通りです。
利用者の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

2018

2018年12月20日
AMSR2プロダクトの欠損のお知らせ
AMSR2観測データは2018/12/16 06:13 - 2018/12/16 16:55(UTC)の期間、観測が一時停止し、データが欠損しました。現在は正常に運用しています。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。
2018年11月19日
2018年11月15日に処理したプロダクトの一部が不完全でしたので、プロダクトの公開を一時的に停止しております。
詳細はリストの通りです。
2018年10月17日
第2回地球観測研究公募のお知らせ
2018年9月25日
北極海の海氷面積が9月21日に2018年の最小値を記録
?減少スピードは停滞、回復時期は遅延?
2018年9月10日
地球観測研究センター(EORC)ホームページのセキュリティ強化について
地球観測研究センター(EORC)ホームページでは、平成30年9月26日よりホームページのセキュリティ強化対応の一環として、常時暗号化>通信(常時SSL)に対応予定です。
-> 詳細はこちらから
2018年8月10日
地球観測研究センター(EORC)ホームページのセキュリティ強化について
地球観測研究センター(EORC)ホームページでは、平成30年9月中旬よりホームページのセキュリティ強化対応の一環として、常時暗号化通信(常時SSL)に対応予定です。
-> 詳細はこちらから
2018年5月16日
GCOM-W1データ配布システムの変更について
GCOM-W1データ提供サービスは、2018年6月29日に運用を終了いたします。 長きにわたり、本サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございました。
AMSRシリーズ(AMSR2、AMSR-E、AMSR)プロダクトは、「地球観測衛星データ提供システム (G-Portal)」(https://gportal.jaxa.jp/)からもオンライン提供しております。 今後は、「G-Portal」をご利用ください。 なお、「G-Portal」からのデータ利用には、G-Portalユーザ登録が必要となります。 「G-Portal」に未登録の方は新規にユーザ登録を行ってください。
2018年4月19日
地球観測研究センター(EORC)ホームページのセキュリティ強化について
地球観測研究センター(EORC)ホームページでは、平成30年10月よりホームページのセキュリティ強化対応の一環として、常時暗号化通信(常時SSL)に対応予定です。
->詳細はこちらから
2018年3月14日
オホーツク海氷速報ページにGCOM-C/SGLI画像を追加しました。

2017

2017年3月1日
以下のAMSR2プロダクトについて、平成29年3月1日より、新バージョン(Ver3.0)をリリースいたします。
海面水温(SST)、海上風速(SSW)、海氷密接度(SIC)、土壌水分量(SMC)
詳細は -> こちらから
2017年2月21日
地球が見える「速報:地球上の海氷面積が観測史上最小に」を掲載しました。
2017年1月4日
AMSR2標準プロダクトの配信を再開しましたので、ご連絡します。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。
2017年1月4日
2017年1月1日から、AMSR2標準プロダクトの配信を停止しております。再開までしばらくお待ち下さい。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2016

2016年12月20日
平成28年度地球環境観測ミッション合同PI報告会ホームページを開設しました。
2016年9月7日
第1回地球観測研究公募のお知らせ
2016年8月23日
AMSR2輝度温度プロダクトについて、平成28年8月23日より 新バージョン Ver2.2 をリリースいたします。
今回のバージョンアップでは、L1アルゴリズム自体に変更はないため、輝度温度の値に変更はありません。また、プロダクトの精度などへの影響もありません。なお、過去分については、順次再処理を行った後、提供する予定です。
  • -> 詳細はこちらから (閲覧にはログインが必要になります)
  • 2016年6月16日
    AMSR2初期チェックアウト期間(2012年7月3日~2012年7月23日)の研究プロダクト(全天候海上風速)の提供を開始しました。
    AMSR2研究プロダクトは、GCOM-W研究プロダクト提供サービスより、提供をおこなっています。
    2016年5月16日
    地球が見える「グリーンランド氷床 春の大融解」を掲載しました。
    2016年4月16日
    AMSR2観測の欠損
    AMSR2観測データの取得が、2016年4月15日21時~16日17時(日本時間)の間、一時中断しました。現在、AMSR2の観測は正常状態に戻っています。
    2016年1月12日
    AMSR2 L1Rプロダクトの詳細及び検証結果が論文誌「IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing」に掲載されました。

    2015

    2015年12月8日
    AMSR-Eが残した成果
    2015年12月7日
    地球観測衛星Aqua搭載の改良型高性能マイクロ波放射計(AMSR-E)の運用終了について
    2015年12月7日
    AMSR2全球観測データの配信再開
    AMSR2の全球記録データの配信を再開しましたので、ご連絡します。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。
    2015年12月4日
    AMSR2全球観測データの配信一時停止
    2015年12月4日から、AMSR2全球観測データの配信を停止しております。なお、日本付近の準リアルタイムデータの配信は継続しております。再開までしばらくお待ち下さい。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
    2015年12月3日
    AMSR2とMODISによる「オホーツク流氷速報ページ」を再開しました。
    2015年11月30日
    地球が見える「観測史上最大に迫るエルニーニョ現象」
    2015年11月19日
    平成27年度地球環境観測ミッション合同PI報告会ホームページを開設しました。
    2015年10月20日
    AMSR2 Level-2 Quality Flag in detail (for Research Product) を掲載いたしました。
    2015年10月9日
    AMSR2研究プロダクトのうち、全天候海上風速(ASW)、10-GHz(高解像度)海面水温 (10-GHz SST) プロダクトの検証結果掲載しました。
    2015年10月6日
    AMSR2研究プロダクト「全天候海上風速」の公開を開始しました。
    2015年9月1日
    研究プロダクト定義を追加しました。
    2015年8月31日
    地球環境変動観測ミッション第6回研究公募のお知らせ
    2015年6月4日
    JAXA/EORC台風速報において、AMSR2の水蒸気画像に代わり、全天候海上風速画像を表示するように変更しました。
    2015年4月9日
    GPM/GMI海面水温データを公開しました
    GPM主衛星搭載のGPMマイクロ波放射計(GMI)の10GHzチャネルを利用した海面水温プロダクトを公開しました。
    -> こちらから
    2015年3月26日
    AMSR2プロダクト情報(AMSR2 L1、L2 Version 2.0 及び相互校正結果)がアップデートされました。

    2014

    2014年12月3日
    AMSR2とMODISによる「オホーツク流氷速報ページ」を再開しました。
    2014年12月2日
    平成26年度地球環境観測ミッション合同PI報告会ホームページを開設しました。
    2014年8月1日
    校正・検証リアルタイムモニターページを公開しました。
    2014年7月23日
    El-nino watch」ページを更新しました。
    AMSR-E観測停止後、WindSatを用いてエルニーニョを監視してきましたが、2012年7月24日以降のデータをAMSR2の観測データに差し替えました。
    2014年7月9日
    JAXA台風速報ページにGPM/DPR画像が追加
    GPM主衛星搭載二周波降水レーダ(DPR)が観測した台風・ハリケーン等の降水画像を、JAXA台風速報ページに追加しました。
    -> JAXA台風速報
    2014年7月9日
    台風8号観測画像
    2014年5月8日
    AMSR2とTMI/AMSR-Eの相互校正結果(AMSR2 Version 1.1)がアップデートされました。
    2014年4月21日
    AMSR-E低速回転データの更新について
    AMSR-E低速回転データを以下のように更新しました。
    <更新期間> 2013年3月1日-2014年2月28日(UT)
    -> AMSR-E低速回転データ
    2014年3月13日
    AMSR2とTMI/AMSR-Eの相互校正結果(AMSR2 Version 1.1)がアップデートされました。
    2014年2月3日
    「しずく」観測データのアメリカ海洋大気庁(NOAA)での利用について

    2013

    2013年12月18日
    AMSR2による台風データベースの登録を開始しました。
    2013年12月2日
    AMSR-E低速回転データのリリースについて
    AMSR-Eは回転摩擦の増大により2011年10月4日(UTC)に観測及び回転を自動的に停止しました。その後NASAとJAXAは状況の解析を始めるとともに、AMSR-Eの観測を再開させる方法を模索してきました。そして2012年12月4日(UTC)に、AMSR-Eは低速(毎分2回転)での回転及び観測を再開しました。JAXAは低速回転データに対するラジオメトリック及び幾何学的な初期補正を完了したため、AMSR-E低速回転データを公開します。
    このデータは、AMSR-Eを他の放射計と相互校正するユーザや、低速回転による新しい特徴を利用した研究を試みるユーザ等に有用なものです。このデータはJAXAの標準プロダクトではありません。一般的なユーザ向けには、AMSR2の標準プロダクトが用意されています。
    詳細は以下のページをご参照ください。
    -> AMSR-E低速回転データ
    2013年11月29日
    平成25年度地球環境観測ミッション合同PIワークショップホームページを開設しました。
    2013年10月2日
    AMSR2データ利用解説文書およびサンプルプログラムを更新いたしました。
    2013年9月13日
    第一期水循環変動観測衛星「しずく」の気象庁での利用について
    2013年8月23日
    地球環境変動観測ミッション第5回研究公募のお知らせ
    2013年7月30日
    AMSR2 Product I/O Toolkit (AMTK) (Source code v.1.12) およびマニュアルを掲載いたしました。
    2013年7月29日
    AMSR2半年間分(20121001-20130331)の全球画像 (3日平均) をまとめました。
    2013年7月18日
    アルゴリズム記述書 (A改訂版) を掲載しました。
    2013年7月12日
    メンテナンスのため、下記の期間に、通信断が数回発生する可能性があります。
    • 2013年7月13日(土)~7月14日(日)
    2013年7月9日
    プロダクト情報(レベル2、Version1.0)を掲載いたしました。
    2013年6月13日
    AMSR2による台風速報を開始しました。
    2013年5月17日
    第一期水循環変動観測衛星「しずく」の地球物理量プロダクトの提供開始について
    2013年4月11日
    プロダクト情報(レベル1、Version1.1)を掲載いたしました。
    2013年3月28日
    "Mini-Workshop on A-Train Science" 発表資料を掲載いたしました。
    2013年3月22日
    設備保守のため、下記の期間、Web・FTPサービスへの接続が不安定になります。
    • 3/23(土) 09:00~10:00、15:00~19:00
    • 3/24(日) 09:00~18:00
    2013年2月15日
    "Mini-Workshop on A-Train Science" 開催のお知らせ
    2013年2月5日
    AMSR2の観測領域」を開設しました。
    2013年1月31日
    データを使う」に新規メニューを開設しました。
    2013年1月25日
    第一期水循環変動観測衛星「しずく」の輝度温度プロダクトの提供開始について
    2013年1月24日
    AMSR2レベル1の一般提供に伴うアルゴリズム更新のため、レベル2画像の提供を2013年1月24日以降、一時停止します。

    2012

    2012年12月26日
    AMSR2データ利用講習会の開催について
    2012年5月に打上げられた「しずく」(GCOM-W1)に搭載している高性能マイクロ波放射計2(AMSR2)については、順調に観測を続けており、2013年1月にレベル1輝度温度データ、5月にレベル2地球物理量の公開を予定しております。
    このたび、JAXAでは、利用者のみなさまがAMSR2データを利用するための一助となるよう、データ利用講習会を開催することといたしました。
    2012年12月19日
    AMSR2とMODISによる「オホーツク流氷速報ページ」を公開しました。
    2012年12月19日
    平成24年度地球環境観測ミッション合同PIワークショップホームページを開設しました。
    2012年11月22日
    アルゴリズム記述書 (初版) を掲載しました。
    2012年11月12日
    AMSR2ブラウズ画像の公開を開始しました。
    2012年8月21日
    画像ギャラリーを開設しました。
    2012年8月10日
    第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)の定常段階移行について
    2012年7月13日
    GCOM-W1「しずく」が日本全域の雨の様子(平成24年7月12日九州豪雨)をとらえました。
    2012年7月4日
    GCOM-W1「しずく」搭載センサ(AMSR2)の観測データを取得しました。
    2012年5月21日
    GCOM-W1「しずく」が2012年5月18日に打ち上がりました。

    2011

    2011年11月14日
    平成23年度地球環境観測ミッション合同PIワークショップホームページを開設しました。
    2011年10月18日
    「環境観測衛星シンポジウム- 暮らしを支える宇宙の目-」の発表資料を掲載しました。
    2011年9月12日
    「環境観測衛星シンポジウム- 暮らしを支える宇宙の目-」の開催について
    2011年8月22日
    「GCOM-W1データ提供サービス」によるAMSR/AMSR-Eデータ提供を開始しました。
    2011年7月19日
    本GCOM-Wホームページをリニューアルしました。
    2011年1月21日
    地球環境変動観測ミッション第3回研究公募のお知らせ
    3/25をもって締め切らせていただきました。多数のご応募ありがとうございました。

    2010

    2009

    2009年11月24日
    GCOM PIワークショップ2010のホームページを開設しました。
    2009年1月9日
    「地球環境変動観測ミッション(GCOM)」
    シンポジウム
    本シンポジウムは、GCOM計画の背景、目的、役割、並びに衛星観測による気候変動研究の現状などについて、本計画を推進するJAXAおよび関係協力機関の方々による報告を行い、GCOM計画及び地球環境問題へのご来場の方々のご理解を頂きたく開催いたします。
    ご関心のある方は是非ご参加ください。
    日時 : 2009年1月13日(火) 10:00˜15:00
    ※なお、シンポジウム終了後の15:15˜18:00には、第1期気候変動観測衛星(GCOM-C1)研究公募説明会を開催いたします。


    JAXA logo 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター
    Copyright© JAXA EORC All rights reserved.