link to ENGLISH

【プロダクトの種類: 処理レベル定義】

処理レベル定義
Level Contents
Level-1A
  • 各観測点に位置情報が付加された、地図投影前のSwath形式
  • 受信機出力電圧のA/D変換後カウント値を格納
  • ファイル単位は観測点の最大緯度で分割された半周回
Level-1B
  • 各観測点に位置情報が付加された、地図投影前のSwath形式
  • 輝度温度を格納
  • ファイル単位は観測点の最大緯度で分割された半周回
Level-1R
  • 各観測点に位置情報が付加された、地図投影前のSwath形式
  • 空間分解能の整合処理を行った輝度温度を格納
  • 空間分解能4種類(6, 10, 23, 36GHz)、89GHz A/Bは元データを格納
  • ファイル単位は観測点の最大緯度で分割された半周回
Level-2
  • 各観測点に位置情報が付加された、地図投影前のSwath形式
  • 地球物理量を格納(標準プロダクトは8種類)
  • ファイル単位は観測点の最大緯度で分割された半周回
Level-3
  • 格子サイズが0.1/0.25度(10/25km)の地図投影済み格子データ
  • 輝度温度および地球物理量
  • 日平均および月平均
  • 等緯度経度図法およびポーラステレオ図法
» 次へ


JAXA logo 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター
Copyright© JAXA EORC All rights reserved.