SGLIの観測波長と主なプロダクト

チャンネル 中心波長 波長幅 分解能
VNR, SWI: nm
TIR: μm
m
可視・近赤外放射計部
(SGLI-VNR)
非偏光観測機能 VN1 380 10 250※2
VN2 412 10
VN3 443 10
VN4 490 10
VN5 530 20
VN6 565 20
VN7 673.5 20
VN8 673.5 20
VN9 763 12 1000
VN10 868.5 20 250※2
VN11 868.5 20
偏光観測機能 P1 673.5 20 1000
P2 868.5 20
赤外走査放射計部
(SGLI-IRS)
SWI偏光観測機能 SW1 1050 20 1000
SW2 1380 20
SW3 1630 200 250※2
SW4 2210 50 1000
TIR観測機能 T1 10.8※1 0.74※1 250※3
T2 12.0※1 0.74※1
  • ※1:熱赤外の波長はμm単位
  • ※2:沿岸域を除く海上および極域では1km分解能も可とする
  • ※3:陸域・沿岸域を除く外洋や極域では、500m, 1kmに切り替えることが可能

SGLIセンサの要求仕様は、GCOMミッションの目標を達成するのに不可欠な物理量プロダクトを効率的に導出できるチャンネルを選択することで、チャンネル数をADEOS-IIに搭載されたGLIが備えていた36chから19chに減らす一方、導出できる標準プロダクトを22個から29個に増加させて、エアロゾル・雲や陸域植生の観測を強化しています。

代表的な観測対象物の反射率と大気の透過率。SGLIのチャンネル位置および幅を縦の水色で示している。
黒丸は代表的なプロダクト導出において直接的に用いられるチャンネルを表している。
関連リンク